がんそのものを予防する

がんそのものを予防する

現代人は、がんになるのが2人に1人、がんで亡くなる人が3人に1人とも言われるだけあって、がんにかかるということは既に身近なこととなっています。
最近では、がんになるのも患者数が増えると同時に、低年齢化しているようにさえ思います。
がんが発見されるのは、だいたい1pくらいの腫瘍にならないと見つからないと言いますが、この1pの腫瘍になるのにだいたい10年くらい掛かっているとも言われています。
しかし、この1pから大きくなるのはスピードが速いために、見つかったときには手遅れだったりするのです。
もっと早く見つかったら・・・というような言葉をよく聞きますね。
若い年齢であればある程、この見つかってからの腫瘍の大きくなるスピードが速いので、いわゆるがんの進行が速いと言われるのです。

 

がんは、やはり予防することが一番であると思われます。
がんだけではありません、病気は予防できるものは予防することが大切なのです。
その予防の中で、プロポリスを摂取するという選択肢があります。
プロポリスは、がんに比べると軽い病気という位置づけになるものはすぐに撃退してくれる効果があります。
それは、プロポリスが免疫力を向上させる効果があるためです。